PCヘッダ
スマホヘッダ



開店祝いの胡蝶蘭を販売中!相場や色、立札の書き方、贈るタイミングも解説

開店祝いの胡蝶蘭を販売中!相場や色、立札の書き方、贈るタイミングも解説

ワンランク上の豪華な
「胡蝶蘭」をお届けします

開店祝い・開業祝いにおすすめの人気の胡蝶蘭!

1万円台の胡蝶蘭3万円台の胡蝶蘭

開店祝いに胡蝶蘭を贈る時期

開店祝いの胡蝶蘭を贈るのにふさわしい時期は開店日の2,3日前~開店当日に贈るのが一般的です。
開店当日お届けすることが一番多いですが、開店日は何かと忙しいことが多いので開店前日~2,3日前に届くようにした方がお届け先様には喜ばれる可能性があります。
ただし、受け取れるか確認してからお送りするようにお願いいたします。ご不在によりお受け取りいただけない場合お花が傷んでしまう可能性があります。

開店祝いの相場

開店祝いの相場は1万円~5万円程度となります。

  • オーナー様との関係が友人、知人の場合
    …10,000円~30,000円程度
  • 取引先の場合
    …20,000円~50,000円程度
  • 家族、親族などの場合
    …20,000円~30,000円程度

となります。

開店祝いにふさわしい胡蝶蘭の種類

開店祝いの胡蝶蘭は通常「大輪(たいりん)」と呼ばれる大きな胡蝶蘭が選ばれています。
ただし小規模なお店の場合は置き場所に困ってしまうこともありますので小さめのミディタイプもしくは大輪よりも少し小さめの中大輪(ちゅうたいりん)がおすすめです。

価格で選ぶ人気の胡蝶蘭

10,000円台の人気の胡蝶蘭10,000円台のその他の胡蝶蘭 >>

20,000円台の人気の胡蝶蘭20,000円台のその他の胡蝶蘭 >>

30,000円台の人気の胡蝶蘭30,000円台のその他の胡蝶蘭 >>

40,000円以上の人気の胡蝶蘭40,000円台のその他の胡蝶蘭 >>

「胡蝶蘭」専門店の「オーキッドファン」とは?
平日13時までのご注文で本州翌日お届け法人様後払い生産者直送写真送信サービス

「ラッピング」、「紙札」、「メッセージカード」は、無料!

ラッピングイメージ

ラッピングの色がお選びいただけます

ピンクのラッピンググリーンのラッピング赤のラッピングパープルのラッピング
お好きな「メッセージ」を。「紙札」も無料!オプション(有料)として「ゴールドのラッピング」、「木札」もご用意しております

※メッセージカード、紙札のデザイン・ラッピングの資材は変更になる場合あります。

国内トップクラスの生産者から直送いたします!

洋ラン農家から直送するから、高品質で新鮮、長持ち、価格も大変お得になっています

開店祝いに胡蝶蘭を贈る時に気を付けたいこと

胡蝶蘭は様々なお祝いに贈ります。
特に、開店祝いに胡蝶蘭を贈る時には、普通のお宅に贈る時とは違ってある程度の決まりやマナーがあります。

それを心得て贈れば、相手を煩わせることも無く心から喜んでもらえます。
開店祝いに胡蝶蘭を贈る場合、気を付けたいことを是非覚えておきましょう。

なぜ胡蝶蘭が開店祝いに最適なのか

開店祝いにはよく胡蝶蘭が贈られます。どうしてでしょうか。

それは、胡蝶蘭は花持ちが良く、2~3ケ月は花を楽しむことが出来ること、また、花粉が散ることがなく香りも少ないので、香りが強い花を嫌う方にも向いていること、更に、胡蝶蘭の花言葉は「幸運が飛んでくる」なのです。胡蝶蘭は鉢植えであることから、「飛んできた幸せが根付く」という意味も持つ縁起の良い花でもあるからです。

また、胡蝶蘭は1年中栽培されているので、季節を選ばずいつでも贈れるという便利な面もあります。

もう1つ。
胡蝶蘭は社長室や政治家の事務所にも複数鉢飾られていることが多いですね。
このように、胡蝶蘭の数はその会社やお店の信用の高さや格を表します。その為、開店時に胡蝶蘭を贈ると、そのお店の信頼度をお客様に示すことが出来るので喜ばれるのです。

開店祝いの胡蝶蘭の贈り方

胡蝶蘭は上品でとても華やかです。3本立てでも結構な大きさがあります。5本立てや7本立てだと鉢の高さも合わせると1m近くになりますので、相手が置き場所に困るような大きさの物は贈らないようにします。
大抵は3本立てが多く、会社間で贈る場合は5本立てという例が多いです。

また、お祝いで贈るので、「割れない数」として奇数の本数の胡蝶蘭を贈るのもしきたりです。2本立ての胡蝶蘭もありますが、お祝い事には向きません。

更に、お店の印象に合った胡蝶蘭の「色」を選ぶことも大切です。しかし、もしお店の内装等を知らないなら、白か、白の花弁の中心が濃いピンクの物などが定番です。

開店祝いの胡蝶蘭の相場・金額はいくらが適切か

開店祝いと言っても、店主とあなたとの関係で贈る胡蝶蘭の相場も決まって来ます。

・店主が友人や知人の場合・・・10,000~20,000円
・取引先として贈る場合・・・20,000~50,000円

個人的に友人として贈るなら、10,000~20,000円位。
取引先の会社にこちらも会社から贈る場合は、相手の会社の規模や取引の内容によって20,000~50,000円位となります。

開店祝いの胡蝶蘭につける立札・メッセージカード

そして、胡蝶蘭の鉢には必ず「立札」を付けるのがマナーです。
立札には、赤字で「祝開店」や「御祝」と表書きをします。表書きの右側には贈り先の氏名または会社名・支店名を黒字で書き、左側に贈り主の名前や会社名を書きます。こちらの会社名を書くと、良い宣伝にもなります。

現在は縦型だけでなく、横型の立札や洋風のカード式の物もあります。先方のお店の雰囲気に合った立札を選ぶと良いでしょう。

開店祝いの胡蝶蘭に添えるメッセージ文例・例文

メッセージを付けられるなら、「御開業誠におめでとうございます。ご繁栄を心より祈念致します」、或いは「オープンおめでとうございます。家族や友人達と一緒に是非利用させて頂きます」といった言葉を添えましょう。

開店祝いを贈るタイミング

開店祝いに胡蝶蘭を贈るタイミングはできれば前日がおすすめです。

相手は開店前の準備に忙しく、当日に胡蝶蘭が届くと、その胡蝶蘭の置き場所を新たに考えなければなりません。ただでさえ開店当日は来店するお客様で店内は混雑し、店主はじめ店員達は多忙を極めるので、相手を煩わせることの無いよう前日のお昼頃には届くようにしましょう。

開店祝いに胡蝶蘭を贈るときののマナー・タブー

ここで、開店祝いに胡蝶蘭を贈る場合のタブーについて触れてみたいと思います。

赤のラッピングは避ける

「赤=赤字、火事」を連想させるので、開店祝いには避けるべき色です。
赤は華やかなイメージがありますが、リボンだけとか、ラッピングの一部に使う位にとどめ、お店のイメージカラー等の場合を除き赤一色のラッピングは避けるようにしましょう。

相手の名前やお店の名前等に間違いがないか

これは一番失礼に当たります。間違えやすい漢字等はよくよく確認してから配送の手続きをするようにしましょう。

メッセージに忌み言葉は使わない

メッセージに付いても同じことです。「焼ける」「倒れる」「落ちる」「下がる」といったネガティブな言葉はタブーとなります。
こういった言葉を使わない、前向きで明るいメッセージ文を書くようにしましょう。

ページトップへ

Copyright (C) All Rights Reserved.